身長171センチ、体重53キロ、ゴルフを始めたのは43歳から。ごく普通のサラリーマンが「真の練習」に目覚めた結果、定年前の2年間でハンディキャップ8に。シングルを目指すアマチュアにその秘訣を明かす。

普通のサラリーマンが2年でシングルになる方法

定価:713円(税込)
発売日:2004年09月02日
ISBN:978-4-532-19247-1
並製/A6判/291ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

身長171センチ、体重53キロ、ゴルフを始めたのは43歳から。ごく普通のサラリーマンが「真の練習」に目覚めた結果、定年前の2年間でハンディキャップ8に。シングルを目指すアマチュアにその秘訣を明かす。

目次

  1. はじめに――遅咲きシングルゴルファー

    第1章 シングルに向かって踏み出そう
    1 上達すると良いことがある
    シングルの厚い壁/ゴルフはボケ防止に最適/挫折する中高年ゴルファーを助けたい/1歩を踏み出そう
    2 2年間の上達の軌跡
    上達とは脱皮すること/1年で傍目にもはっきり分かるように上達/2年目に自分の癖を自覚
    3 シングルの値打ち
    シングルは勲章だった/シングルの腕前とは
    4 シングルになる方法の考察
    伝説の先輩ゴルファー/週4日をゴルフに捧げる/いくつかのシングル達成法

    第2章 仕事の経験を生かす
    1 ゴルフ上達環境の日英比較
    発祥の地の恵まれた上達環境/日本の貧しい上達環境
    2 仕事の経験を生かす7つの鍵
    第1の鍵「動機をはっきりさせる」/第2の鍵「良き指導者を得る」/第3の鍵「PDCAサイクルを回す」/第4の鍵「記録に残す」/第5の鍵「切磋琢磨する」/第6の鍵「敵を知り己を知る」/第7の鍵「費用対効果を考える」
    3 “かかりつけコーチ”を持つ贅沢
    レッスン書の洪水/レッスン書を捨てる/“かかりつけコーチ”を持とう/良医の条件

    第3章 アマチュアには「プル型」レッスンが合う
    1 「プッシュ型」対「プル型」
    「プッシュ型」レッスンの限界/飛び切り上質の「プル型」/「プル型」とは“コーチング”
    2 女子プロはアマチュアにぴったり
    なぜ女子プロがアマチュアに合うのか/女子プロは相談相手/大脳生理学から見た性差/継続は力
    3 良いコーチを探す
    レッスンプロ遍歴/有名プロの呪縛/我がコーチとのひょんな出会い
    4 上達はスパイラルアップ
    「鳥カゴ」での個人レッスンが効果的/自宅での復習が大切/コースでも体の動きを意識/ラウンドレッスンが総仕上げ

    第4章 上達のツボ
    1 教わるノウハウ
    相互理解が大切/ゴルフPDCA/不調の時こそ開眼/ドライバーを立てればアイアンが立たず/アイアンの開眼/体の“ムチ作用”/人間「三節棍」/「50歳からのカラダ学」/固めろ!
    2 費用対効果を最大に
    30ヤードで基本をつくる/パット練習マットは買わなきゃ大損/ゴルフ損益計算書
    3 もうクラブに迷いはない
    フィッティングに行こう/じゃじゃ馬を乗りこなす/クラブに連れ添う/魔法の杖を使いこなす/思わぬパッティング開眼/最新パターを正しく選ぶ
    4 体を痛めて上達する
    辛い時こそ次へのステップ/肘痛でボディスウィングを体得/肘痛を持ってスコットランドヘ/肘痛からのご褒美
    5 リンクスが教えてくれたこと
    耐えて諦めない/フェアウェイキープが鉄則/正確でなくては/自然にボディスウィングを覚える/直感を磨く/風対策は自然体で

    第5章 上達を妨げるカン違いと癖
    1 自分の欠点を知れば上級者
    上達の意味/自分では分からない
    2 基本的なカン違い
    道具にばかりお金を使う/やみくもに打つ/形を真似る/難しいクラブで練習する/悪いライは不運/ティインググラウンドで「飛ばしたい!」/なにがなんでもグリーンを狙う
    3 スウィングのカン違い
    「腕っぷしで飛ばす」→「両脚で飛ばす」/「回す」→「捻る」/「肩を入れる」→「腰を入れる」/「ヘッドを感じる」→「体の芯を感じる」/「ゆっくり振る」→「タイミングよく振る」/「手首を返す」→「タテにコックする」
    4 なくて七癖
    波があるのは癖のせい/アドレスで「左足体重になり右肩が出る」/アドレスで「右を向く」/テイクバックで「右ひざが流れる」/テイクバックで「クラブが寝る」/切り返しで「キャストする」/ダウンスウィングで「右ひざが前に出る」/ダウンスウィングで「すくう」/インパクトからフォロースルーで「伸び上がる」/フォロースルーで「左肘を引く」/「力任せに振る」/「脇が空く」

    あとがき――熱中する喜びと幸せ

著者・監修者プロフィール

山口 信吾(やまぐち しんご)

ゴルフジャーナリスト
1943年台北市に生まれ福岡県で育つ。九州大学工学部建築学科を卒業後、同大学院を修了。1969年竹中工務店に入社し設計部に所属。1972年渡米しハーバード大学デザイン大学院修了後、シカゴの米国大手設計事務所に勤務。1975年帰国して竹中工務店に復帰、開発計画本部に所属して一貫して都市開発プロジェクトに従事。ゴルフ歴30年、ベストハンディキャップ8。
著書に『nbb 普通のサラリーマンが2年でシングルになるための方法』、『プレミア 普通のサラリーマンが2年でシングルになるための18の練習法』、『プレミア 普通のサラリーマンが2年でシングルになるための7つの基本動作』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading