コロナ禍で、物流業界の変革がさらに加速している。倉庫や配送の自動化、オムニチャネル戦略の進化など、最先端の動きを解説する。

定価:本体1,600円+税
発売日:2020年12月22日
ISBN:978-4-532-18322-6
並製/A4変型判/112ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

コロナ禍で激変! 加速するDX(デジタル・トランスフォーメーション)
物流業界の最新事情を一挙紹介!

・巻頭対談「物流部門には精鋭部隊を投入」 土屋哲雄氏(ワークマン専務)×角井亮一氏
・共同配送、マッチング、宅配改革etc. 運輸の最新事例
・ネットも、リアルも——オムニチャネル戦略を支える取り組み
・AI、ビッグデータを駆使する注目の物流ベンチャー
・倉庫を無人に! 物流ロボティクスの最前線
・三大都市圏の大型物流施設マップ

2020年春以降、新型コロナウイルス感染拡大によって、宅配の増加、倉庫での3密回避など物流業界には大きな影響が出ています。以前からの大きな課題である人手不足がいっそう深刻化、それに対応するための自動化の動きが進み、データやAIの活用がますます重要になっています。

小売店のリアルとネットを融合するオムニチャネル戦略、物流倉庫での集配作業の自動化、配送でのロボットの活用といった新たな動きについて、物流業界の様々なプレーヤーを取材して最先端を解説。
注目の物流関連ベンチャーや3大都市圏の交通網進化・最新大型倉庫なども取り上げます。

目次

  1. 巻頭対談 「ワークマンらしさを見極め 声のするほうに進化する」
    ワークマン 専務取締役 土屋哲雄氏 × イー・ロジット 代表取締役社長 ⻆井亮一氏

    PART 1 コロナ禍での物流戦略
    ・総論 ポスト・コロナに向けた物流戦略
    激変する物流業界の勢力図 物流を制する者が市場を制す
    ・寄稿 コロナ禍におけるグローバル・サプライチェーン・マネジメント
    全社的な組織改革をベースに不確実な時代に対応するロジスティクスを構築
    橋本雅隆氏 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 専任教授
    ・コロナ禍のSCM 消費者を豊かにするためにパートナー企業と築くイオン流ロジスティクス
    ・ポスト・コロナのロジスティクス しなやかなサプライチェーンを目指すこれからのロジスティクス
    ・医薬品SCMとデジタル戦略 物流×ITで社会に貢献 デジタルプラットフォームで業界の課題を解決

    PART 2 オムニチャネル戦略を支える
    ・総論 オムニチャネル戦略を支える物流
    チャネル間のシームレスな連携はDXベースの在庫一元化が支える
    ・宅配の進化系 CASE 1
    現場の業務の効率化で物流事業者の働き方を変える「SmaRyu Post」
    ・宅配の進化系 CASE 2
    スマートな受け取りで再配達の課題を解決する
    エシカル&サステナブルな置き配バッグ「OKIPPA」
    ・「自前物流」最前線
    部門間横断的な連携を高めサプライチェーン全体で物流コストを抑える
    ・即時スピード配送で勝つ
    注文から2時間30分以内の配達完了を実現する ヨドバシカメラのスピード配送
    ・海外プラットフォーマーの物流戦略
    実店舗とサプライチェーンを整備するマルチサイド・プラットフォーマーたち
    ・人手に頼るラストワンマイルに課題が山積
    林 克彦氏 流通経済大学 流通情報学部 大学院 物流情報学研究科 教授

    PART 3 運輸の最先端を知る
    ・総論 「ホワイト物流」推進運動
    トラック運転者不足の解消には荷主企業の理解と行動が不可欠
    野尻俊明氏 流通経済大学 学長
    ・CASE STUDY 共同配送 [ラストワンマイル協同組合]
    倉庫業や大手運送業との連携で「自社物流構築」の実現を支える
    ・CASE STUDY トラックバース予約 [Hacobu]
    共通予約システムでトラック待機解消 データで物流センターの生産性向上へ
    ・CASE STUDY レンタルパレット [日本パレットレンタル]
    標準化・共有化をキーワードに共同回収やクラウドサービスを展開
    ・中国の貨物物流市場 強みの異なる3つの企業・グループに注目 日本企業は「シェアリング戦略」の検討を
    町田一兵氏 明治大学 商学部 教授
    ・COLUMN 運送業界でのDX
    ソフトバンクと日本通運による新会社が始める配車支援サービス
    ・TOPICS 人や地球に優しい物流施設
    人間中心の理念で自然や文化を感じる物流施設を創造

    PART 4 物流ロボティクスの最前線
    ・総論 自動化で変わる、物流施設運営の常識
    単にロボットを導入するだけではなく 効率よく活用する創意工夫が問われる
    黒川久幸氏 東京海洋大学理事(産学連携・情報化担当)副学長/産学・地域連携推進機構長/総合情報基盤センター長/教授・博士(工学)
    ・CLOSE UP ダイフク
    スムーズなモノの流れを作る最先端のマテハン
    「止まらないマテハン」の追求でサステナブルな物流を実現する
    ・CLOSE UP 豊田自動織機 トヨタL&Fカンパニー
    自在化、最適化をコンセプトとした自動化ソリューションの提案
    「カイゼン」「グローバル展開」を武器に物流ソリューションプロバイダーへ転換
    ・CLOSE UP オカムラ
    増加する物量と三密回避への課題解決
    顧客ニーズに合致する豊富なラインアップ 継続的な関係性を構築し、さらなる効率化を
    ・物流ロボティクスの最新事情(1)マスタレスでのデパレタイズ自動化に成功 物流施設の労働環境改善にも寄与
    「マスタレス・ティーチレスのケースピッキングロボット」Kyoto Robotics
    ・物流ロボティクスの最新事情(2)人員配置や在庫保管場所を最適化 作業効率を向上させるAI物流ソフトウェア
    「DyAS(ディアス)」GROUND
    ・物流ロボティクスの最新事情(3)ピースピッキングの完全自動化を実現 最高1000ピース/時間の搬送能力
    「ピースピッキングロボット」MUJIN
    ・物流ロボティクスの最新事情(4)ミスゼロを追求したゲート開閉式仕分けシステム 熟練度不要の簡単操作で高い生産性を発揮
    「ゲートアソートシステム(GAS:ガス)」タクテック
    ・COLUMN 宅配の自動化
    ラストワンマイルの無人化は将来必ず必要になる

    PART 5 テクノロジーを物流に活かす
    ・総論 テクノロジーが日本の物流を変える
    ラストワンマイルを変革するベンチャー 異業種からの参入と資本投下に期待
    會田幸男氏 デロイトトーマツ ベンチャーサポート Next Core事業部 新規事業開発ユニット ユニット長
    ・CASE オプティマインド
    ラストワンマイルの最適なルートを提案する「Loogia」
    GPSでルート最適化の精度を向上 ドライバーの負担を減らす
    ・CASE souco
    必要なときに、必要な分だけ倉庫を利用できる
    倉庫の一時的なスペースを活用して 災害時など需要の急変に対応

    PART 6 三大都市圏の大型物流施設マップ
    ・全国的に底堅く推移する大型物流施設市場
    急成長する大型マルチテナント型物流施設 首都圏の空室率はほぼゼロと驚異の高稼働
    高橋加寿子氏 シービーアールイー リサーチシニアディレクター
    ・TOPICS 新型コロナと東京五輪、レガシーとしての物流TDM
    ・三大都市圏の大型物流施設マップ【首都圏】
    ・三大都市圏の大型物流施設マップ【関東圏】
    ・三大都市圏の大型物流施設マップ【中京圏】
    ・三大都市圏の大型物流施設マップ【関西圏】

著者・監修者プロフィール

角井 亮一(かくい りょういち)

株式会社イー・ロジット代表取締役社長
1968年10月25日大阪生まれ、奈良育ち。現在、東京・人形町に在住。上智大学で、ダイレクトマーケティング学会初代会長の田中利見先生のゼミに所属。3年で単位取得終了し、渡米。ゴールデンゲート大学からマーケティング専攻でMBA取得。帰国後、船井総合研究所に入社し、小売業へのコンサルティングを行い、1996年にはネット通販参入セミナーを開催。その後、家業の光輝物流に入社し、日本初のゲインシェアリングを実現。2000年2月14日、株式会社イー・ロジットを設立、代表取締役に就任。
イー・ロジットは、2020年12月現在、実績879社、倉庫面積11万平米の国内No.1の通販専門物流代行会社であり、約200社の企業組織イー・ロジットクラブを中心に物流人材教育研修を行い、リアル小売やEC企業などの物流コンサルティングを行っている。また、2015年、再配達問題という社会問題を解決するためのアプリ「ウケトル」を宅配研究会より立ち上げ、タイではSHIPPOPという物流IT企業をタイ最大のネット通販会社Tarad.com創業者のPawoot(Pom)Pongvitayapanuと共同創業。日本物流学会理事。NewsPicksプロピッカー。多摩大学大学院客員教授。
WBS、日経プラス10、めざましテレビ、とくダネ! などのテレビにも多数出演。スタンフォード大学、早稲田大学ビジネススクール、ベトナムHORASISなどでも登壇するなど、海外でも活動中。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading