新型コロナの影響で急速に普及したテレワーク。先進企業の事例を多数取り上げ、生産性を向上させるための秘訣を明らかにする。

日経ムック 中堅・中小企業のためのテレワーク 成功の秘訣

定価:本体1,800円+税
発売日:2020年11月12日
ISBN:978-4-532-18319-6
並製/A4変型判/218ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

コロナ禍で必須に! 生産性を上げるノウハウ

◆コロナ禍で多くの企業が強制実施
新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって、今年3月以降、多くの企業が在宅勤務によるテレワークを強いられました。
通勤時間削減などメリットが大きい一方で、コミュニケーション不全、セキュリティ確保など多くの問題点も明らかになっています。
「ウィズ・コロナ」でテレワークがますます不可欠となるなか、生産性を向上させるためには何をすればよいのでしょうか。

◆テレワークの成功事例を多数紹介
大企業に比べて、中堅・中小企業ではテレワークの導入が進んでいない企業が多いのが実情。経営者の意識、ペーパーレス化の遅れ、IT環境の未整備など原因は様々です。
本書は、特に中堅・中小企業を対象に、そうした障害を乗り越えてテレワークを拡大し、生産性を上げるためのノウハウを解説します。
テレワークを大規模に実施して成功している企業を多数取り上げるほか、テレワークに必須のITツール、セキュリティ対策についても詳しく解説します。

目次

  1. 巻頭対談 ウィズコロナ時代のテレワーク
         さらなる普及・定着に向けた課題は?

    Part1 テレワークで実現するニューノーマルな働き方
     
    Part2 テレワーク導入のためのステップ
     
    Part3 テレワークを実現するツールの活用

    Part4 テレワーク環境のセキュリティ対策

    Part5 テレワークの先進事例

著者・監修者プロフィール

一般社団法人日本テレワーク協会(いっぱんしゃだんほうじん にほんてれわーくきょうかい)

1991年、日本サテライトオフィス協会(任意団体)設立。1993、公益法人設立許可、社団法人日本サテライトオフィス協会発足。2000年、社団法人日本テレワーク協会に名称変更。2013年、一般社団法人日本テレワーク協会に移行。テレワークに関する調査研究やテレワークの普及啓発を行う。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading