デジタル時代に取り残された日本企業がいま取るべき戦術とは? 世界のトップコンサルタントがグローバルの視点で解説。

定価:1,760円(税込)
発売日:2018年10月17日
ISBN:978-4-532-18267-0
並製/A4変型判/124ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

BCGがここまで明かした! デジタル・トランスフォーメーションの成功戦略
デジタルの力で企業やビジネスを生まれ変わらせるデジタル・トランスフォーメーション。
その最先端の戦略を、世界中で実績を持つトップコンサルティングファーム、ボストン コンサルティング グループ(BCG)が明かします。
独自の企業文化を持つ日本企業ならではの課題をあぶり出し、既存事業、新規事業、組織・人材・ITの3つのパートに分けて、それぞれ実践的な取り組みを紹介しています。

デジタルでビジネスの可能性を最大化する、解説書の決定版
既存事業のパートでは、商品購入前後の顧客体験を見直す「カスタマージャーニー」や、マーケティング戦略の効率化・個別化を実現する「デジタルGo-to-Market」、「パーソナライゼーション」など、既存事業に息を吹き込むデジタルならではの手法を解説しました。
新規事業のパートでは、「アジャイル」の実践方法を紹介。新商品を最速で世に送りだし、顧客のフィードバックを反映して、より付加価値の高い商品を生みだす仕組みをわかりやすくまとめました。
さらに、それらを支える人材やITの活用法も丁寧に解説しています。

デジタル・トランスフォーメーションは、部門や事業単位から、ビジネスモデルの転換まで、様々なレベルで取り組むことが可能です。
デジタルで経営を変えたい、デジタル技術の投資対効果を最大化したいと考える読者にとって、実践に向けたヒントが見つかる一冊です。

目次

  1. [巻頭対談]
    「チャンスを秘めるAI 創造力で企業戦略の武器に」
    松尾豊×高部陽平
        
    プロローグ なぜ今、デジタル経営改革が必要なのか

    PART1 既存事業をデジタルで生まれ変わらせる

    PART2 デジタルで新事業、新製品・新サービスを創る

    PART3 デジタル経営改革を実現するインフラ、イネーブラー

    PART4 経営を変えるデジタルフロンティア

著者・監修者プロフィール

ボストン コンサルティング グループ(ぼすとん こんさるてぃんぐ ぐるーぷ)

1963年創設。変革の推進、組織力の向上、競争優位性構築、収益改善をはじめクライアントのトランスフォーメーション全般にわたる支援を行う。グローバルで多様性に富むチームが、産業や経営トピックに関する深い専門知識と企業変革を促進する洞察を基に、テクノロジー、デジタルベンチャー、パーパスなどの各領域の専門組織も活用し、クライアントの経営課題に対しソリューションを提供している。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading