「ファイブ・アイズ」加盟か、情報機関の再建か。新世界秩序下で再構築された日本のインテリジェンス・コミュニティを歴史から読む。

特務(スペシャル・デューティー)
日本のインテリジェンス・コミュニティの歴史

定価:本体3,000円+税
発売日:2020年12月22日
ISBN:978-4-532-17686-0
上製/四六判/504ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

●日本は日米同盟を深化させ、「ファイブ・アイズ」加盟への道を進むのか。
●「自主防衛」を選び、インテリジェンス・コミュニティを完全に再構築するのか。
●あるいは中国との協調関係を選び、中国が反対するレーダーシステムや衛星の導入を抑制し、米国よりも中国と情報協力するのか。
* * *
冷戦終結後、日本の安全保障戦略家たちは日本のインテリジェンス改革に取りかかり、日本の安保組織を再構築しはじめた。
第二次世界大戦の完全な敗北、アメリカへの服従、国民の軍部不信といった戦後日本のインテリジェンス・コミュニティへの足枷が、どのようにして「新しい世界秩序」のなかで外され、2013年の特定秘密保護法と国家安全保障会議(NSC)創設に至ったのか。戦前から現在まで、日本の100年におよぶインテリジェンス・コミュニティの歴史を、インテリジェンスの6要素――収集、分析、伝達、保全、秘密工作、監視――に焦点を合わせて考察する。そして直近の改革が日本の安全保障にどのような結果をもたらし得るのか、過去の改革がどのような帰結だったのかを明らかにしていく。

目次



  1. 第1章 インテリジェンスの推進

    第2章 特務の拡張――1895~1945年

    第3章 敗北への適応――1945~1991年

    第4章 失敗の手直し――1991~2001年

    第5章 可能性の再考――2001~2013年

    第6章 インテリジェンス・コミュニティの再構築――2013年以降

    第7章 日本のインテリジェンスの過去と未来

著者・監修者プロフィール

リチャード・J・サミュエルズ(りちゃーど・さみゅえるず)

MITフォードインターナショナル教授、MIT国際研究センター所長、MIT-日本プログラム所長。
コルゲート大学政治学部を卒業後、1974年タフツ大学より修士号、80年マサチューセッツ工科大学(MIT)政治学部より博士号を取得。同学産業連携プログラム学部顧問、政治学部準教授などを経て、89年政治学部副部長、92年政治学部学部長。81年よりMIT日本プログラム創設所長、92年よりMIT政治学・フォードインターナショナル教授、2000年よりMIT国際研究センター所長、2001年~2008年、日米友好基金理事長。2011年、旭日重光章受章。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

小谷 賢(こたに けん)

日本大学危機管理学部教授
1973年京都府生まれ。立命館大学国際関係学部卒業後、ロンドン大学キングス・カレッジ大学院修士課程修了。 京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。2004年から防衛庁防衛研究所戦史部教官。英国王立統合軍防衛安保問題研究所客員研究員、防衛省防衛研究所戦史研究センター主任研究官、防衛大学校兼任講師などを経て2016年より現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading