富国強兵、軍国主義、高度成長、バブル景気……ひとつにまとまれるということは、日本人の長所であるが欠点でもある。近現代の「熱風現象」の中に、日本人の自画像が見える。日経日曜版の大型連載が待望の単行本化!

熱風の日本史

井上亮
定価:1,980円(税込)
発売日:2014年11月21日
ISBN:978-4-532-16944-2
上製/四六判/368ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

富国強兵、軍国主義、高度成長、バブル景気……ひとつにまとまれるということは、日本人の長所であるが欠点でもある。近現代の「熱風現象」の中に、日本人の自画像が見える。日経日曜版の大型連載が待望の単行本化!

明治から平成までの日本の近現代に起きた熱風のようなブーム、熱狂、一色に染まった空気などの現象を取り上げ、歴史を軽視しがちな現代人に警鐘を鳴らす好著。

著者・監修者プロフィール

井上 亮(いのうえ まこと)

1961年大阪生まれ。86年日本経済新聞社に入社。東京、大阪の社会部で警視庁、大阪府警、法務省などを担当し編集委員(宮内庁担当)。元宮内庁長官の「富田メモ」報道で2006年度新聞協会賞を受賞。著書に『非常時とジャーナリズム』『焦土からの再生――戦災復興はいかに成し得たか』『天皇と葬儀――日本人の死生観』『熱風の日本史』、共著に『「東京裁判」を読む』など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading