地域金融機関は既存業務を徹底的に見直し、総合資産管理サービス業へ進化せよ!本書は、ビッグバン以降全国で始まったリテール(個人取引)争奪戦を追いながら、日本型リテールバンキングの方向性を大胆に示す。

地域金融 リテール新戦略
総合資産管理ビジネスで生き残れ

定価:1,650円(税込)
発売日:1999年03月02日
ISBN:978-4-532-14733-4
並製カバー巻/四六判/218ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

地域金融機関は既存業務を徹底的に見直し、総合資産管理サービス業へ進化せよ!本書は、ビッグバン以降全国で始まったリテール(個人取引)争奪戦を追いながら、日本型リテールバンキングの方向性を大胆に示す。

目次

  1. 1. 露呈した地域金融機関の弱点

    2. 流行する米英流戦略とその限界

    3. 日本型リテールバンキング戦略

    4. 総合資産管理業への転換

    5. 日本流のデータベースの構築

    6. 生活総合センターへのステップアップ

著者・監修者プロフィール

多胡 秀人(たご ひでと)

1951年生まれ。1974年一橋大学商学部卒、東京銀行入行。国際投資部、ロンドン支店、資本市場二部部長代理などを経て、1988年フランスインドスエズ銀行東京支店・資本市場部長。1992年ナショナル・ウェストミンスター銀行東京支店・業務推進部長。現在、デロイトトーマツ戦略事業部パートナー。1997年より一橋大学講師(商学部、経済学部)。 <主な著書>『地域金融ビッグバン』(日本経済新聞社)、『地域金融リテール新戦略』(共著、日本経済新聞社)、『金融焦熱』(シグマベイスキャピタル)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

八代 恭一郎(やしろ きょういちろう)

1967年生まれ。1990年慶大経済学部卒、同年三和銀行入行。支店を経て資金為替部でデリバティブ商品開発、営業を担当。1996年ナットウエストミンスター銀行入社。金融コンサルタント。  <主な著書>『証券レディのためのデリバティブ入門』(経済法令、1997年)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading