小売りイノベーションの源泉
経営交流と流通近代化

定価:2,750円(税込)
発売日:1997年09月19日
ISBN:978-4-532-14609-2
329ページ
購入画面へ進む

目次

  1. 序章 経営交流の本質

    第1部 流通近代化の旗手

    第1章 流通革命の胎動―初期スーパー
    第2章 競い合う仲間たち―総合スーパー
    第3章 日本型業務システムの構築―スーパーマーケット
    第4章 協業の流れの中で―中小スーパー

    第2部 流通多様化の先兵

    第5章 メーカー支配からの脱却―家電量販店
    第6章 立地革命の推進役―ホームセンター
    第7章 市場制覇するカテゴリーキラー―郊外型紳士服専門店
    第8章 情報協業で業態革新―ドラッグストア
    終章 経営交流の組織動態

    付録 人名紹介
    参考文献

著者・監修者プロフィール

矢作 敏行(やはぎ としゆき)

国際基督教大学教養学部卒業。現在、法政大学経営学部教授(商学博士)。 <主な著書>『現代小売商業の革新』(日本経済新聞社、1981年)、『コンビニエンス・ストア・システムの革新性』(日本経済新聞社、1994年)、『現代流通』(有斐閣、1996年)、『小売りイノベーションの源泉』(日本経済新聞社、1997年)、『欧州の小売りイノベーション』(編、白桃書房、2000年)、『日本の流通100年』(共編、有斐閣、2004年)、『小売国際化プロセス』(有斐閣、2007年)、『発展する中国の流通』(共著、白桃書房、2009年)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading