トップコンサルタントが駆使する最新のデータ分析「手法」と「考え方」とは? データ収集の基本から深層学習までカバーする入門書。

アクセンチュアのプロが教える AI時代の実践データ・アナリティクス

定価:本体2,800円+税
発売日:2020年08月25日
ISBN:978-4-532-13506-5
並製/A5判/272ページ
購入画面へ進む
ダウンロード
←第5章の演習で使用するデータはこちら
/409 KB

おすすめのポイント

PoCで終わらない! AI・データサイエンス本格導入のための基礎知識やポイントを徹底解説!


AIを導入してビジネスに活かす――多くの日本企業が取り組んでいますが
それがPoC(概念実証)レベルに終わってしまいがちで、
意思決定プロセスにまでAIが組み込まれることは稀です。

本書は、AIの「頭脳」に不可欠なデータサイエンスについて、
古典的統計解析から機械学習まで、ビジネス活用上のエッセンスを紹介します。
実際にPythonを用いたコーディングを通して分析実務を体験できます。

また、AI導入をPoCで終わらせないために企業が備えるべき視点や、
AIの本格導入までのステップ、チェックポイントを示した
「AIロードマップ」をもとに、AIのビジネス活用の要諦を解説します。

これからAI・データサイエンスの学習を始めたい方はもちろん、
AI活用を推進していかなければならない立場のビジネスパーソンまで、必読の一冊です。

目次

  1. 第1章 課題定義・仮説立案

    第2章 データ収集・加工・探索

    第3章 分析モデルの構築Ⅰ 古典的統計手法によるアプローチ

    第4章 分析モデルの構築Ⅱ 機械学習によるアプローチ

    第5章 Pythonを用いた機械学習の実践

    第6章 AI技術の利活用

    第7章 ビジネス活用時にぶつかりやすい壁

著者・監修者プロフィール

保科 学世(ほしな がくせ)

アクセンチュア アプライド・インデリジェンス日本統括デジタルコンサルティング本部マネジング・ディレクター
慶應義塾大学大学院理工学研究科博士課程修了。博士(理学)。アクセンチュアにてAI・アナリティクス部門の日本統括、およびデジタル変革の知見や技術を結集した拠点「アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京」の共同統括を務める。厚生労働省保健医療分野AI開発加速コンソーシアム構成員など歴任。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

アクセンチュア ビジネス コンサルティング本部 AIグループ(あくせんちゅあ びじねす こんさるてぃんぐほんぶ AIぐるーぷ)

アクセンチュアのビジネス コンサルティング本部でAI技術やデータサイエンスを駆使し、業界横断でイノベーションを創出している専門家集団。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading