偉くなるほど無能になる? できない奴ほどうぬぼれる? ワケあり話は乗りやすい? 実験や統計にもとづいた150の法則。

ビジュアル 職場と仕事の法則図鑑

堀公俊
定価:1,100円(税込)
発売日:2020年07月17日
ISBN:978-4-532-11941-6
並製/小B6判/160ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

なぜ、うちの上司はこんなにダメなのか? (ピーターの法則)10万部突破『日経文庫ビジュアル ビジネス・フレームワーク』の著者最新作!

私たちが職場や社会で経験する出来事の裏には、
「〇〇すれば△△になる」という法則が少なからずあります。

本書は経営学、経済学、社会学、心理学、教育学、認知科学など
幅広いジャンルの中から仕事に役立つ法則
69項目・150種類の法則を整理し、
問題解決のハンドブックとして使えるようにしたものです。

[本書で紹介する法則の例]
・なぜ会社は変わらないのか? [プロスペクト理論]
・正解はCMの後。なぜ気になる? [ツァイガルニク効果]
・できない人ほどうぬぼれる [ダニング・クルーガー効果]
・弱者には弱者の戦い方がある [ランチェスターの法則]
・価値の高い人材になる近道とは [稀少性の法則]

働き方や組織との関わり方を見直したいという人におすすめです。
ワケあり話だと人は動きやすい? (カチッサー効果)
キリのいいところまで、は非効率? (ツァイガルニク効果)

私たちが職場や社会で経験する出来事の裏には、
「〇〇すれば△△になる」という法則が少なからずあります。
本書では、経営学、経済学、社会学、心理学、教育学、認知科学など、幅広いジャンルの中から、
仕事に役立つ法則69項目150種類をコンパクトに紹介しています。
働き方、人や組織との関わり方、生き方までも変えられる問題解決ハンドブックです。

目次

  1. 第1章 心理・感情の法則
    アンダーマイニング効果
    マズローの法則
    目標の欲求勾配仮説
    ピグマリオン効果
    ほか

    第2章 選択・行動の法則
    返報性の原理
    一貫性の原理
    社会的証明
    アイエンガーの法則
    ほか

    第3章 意思・判断の法則
    サンクコスト
    アンカリング
    プロスペクト理論
    確証バイアス
    ほか

    第4章 組織・社会の法則
    ピーターの法則
    2: 6: 2の法則
    集団浅慮
    バンドワゴン効果
    ほか

    第5章 経営・戦略の法則
    規模の経済性
    比較優位の法則
    情報の非対称性
    ランチェスターの法則
    ほか

著者・監修者プロフィール

堀 公俊(ほり きみとし)

神戸市生まれ。大阪大学大学院工学研究科修了。大手精密機器メーカーにて経営企画、マーケティング、海外営業、研究開発、生産管理、新規事業開発など幅広い業務に従事。
2003年に日本ファシリテーション協会を設立、初代会長就任を契機に独立。ファシリテーターとして企業やコミュニティの変革に取り組みつつ、多彩な研修テーマにおいて人気講師として活躍。ビジネススキルの開発と普及に尽力している。
現在、組織コンサルタント、堀公俊事務所代表、大阪大学非常勤講師(テクノロジーデザイン論)、日本ファシリテーション協会フェロー。
著書に『ビジネス・フレームワーク』『職場と仕事の法則図鑑』『ファシリテーション入門 第2版』 『これからはじめるワークショップ』 (以上、日経文庫)、『オンライン会議の教科書』(朝日新聞出版)など多数あり、多くは海外でも翻訳・出版されている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading