トヨタさえも顔色を失う、世界の経済・ビジネスを動かすアジアの強大企業。その戦略、実態を知ってこそビジネスの今がわかる!

アジアのビジネスモデル
新たな世界標準

村山宏
定価:1,100円(税込)
発売日:2021年10月19日
ISBN:978-4-532-11444-2
並製/新書判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

■利益でトヨタの利益を上回る韓国のサムスン。7億人の顧客を抱え、株式時価総額をGAFAと争うアリババ。ソニーとパナソニックの合計を上回る鴻海の売上高。半導体世界ビッグ3の台湾企業、TSMCに株式時価総額で対抗できる日本の製造業は一社もない。日本のコンビニの戸棚を開ければサラダチキンなどタイのコングロマリット、CPの商品がずらりと並ぶ――。
■アジア企業に関する知識は、いまや日本のビジネスパースンにとって必須です。中国、韓国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、インドなどアジア各地域の強大企業の活動は世界のビジネスの姿を大きく変貌させてきています。そのビジネスモデルは受託生産、ファブレス、垂直統合、タイムマシン経営、国家資本主義など多種多様ですが、半導体で台湾のTSMCの動向が世界から注目されているように、こうしたアジア巨大企業のビジネスモデルの理解なくして、世界の経済は理解できないと言っても過言ではないほどです。そのビジネスモデルを知ることは、グローバル化した世界のいまを理解することに直結します。
■中国はじめ、アジア各地域の豊富な取材経験をもつ日本経済新聞記者が、世界の貿易・サプライチェーンを支える、日米欧とは異なるアジア独自のビジネスモデルのすべてを、成功・失敗の両面、ライバル企業やアジア各地の制度、政策、文化にも触れ、最新情報をもとにわかりやすく解説します。

目次

  1. 序 章 アジア企業の実力
    第1章 受託生産:エレクトロニクス産業のゲームチェンジャー
    第2章 アジアのファブレス:進化する川上企業、川下企業
    第3章 垂直統合:シナジーを生み出す自前主義の復活
    第4章 毛沢東思想(農村から都市を包囲):新興国市場の勝者が世界の勝者
    第5章 狙うのはボトムかトップか:所得階層別マーケティング
    第6章 タイムマシン経営:先進国と新興国を橋渡し
    第7章 リープフロッグ (カエル跳び):新興国企業が先進国企業を飛び越す
    第8章 ウイナー・テイクス・オール:独占こそ競争力の源泉 
    第9章 国家資本主義:政府と民間の結合
    第10章 不断のM&A:常に事業を組み替える

著者・監修者プロフィール

村山 宏(むらやま ひろし)

日本経済新聞編集委員
1986年~87年、上海の復旦大学法学部に留学。1989年、早稲田大学法学部卒業、日本経済新聞社入社。香港支局記者、台北支局長、アジア編集総局編集部長兼編集委員(バンコク駐在)を経て、現職。このほか長年、日経の英語媒体、NIKKEI Asiaや、中国語媒体、日経中文網に執筆を続けている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading