PDCAをかけ声で終わらせない。開発、製造、営業など主要業務のPDCAを着実に廻すノウハウを伝授。マネージャー層必読。

定価:本体900円+税
発売日:2020年06月17日
ISBN:978-4-532-11424-4
並製/新書判/264ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

PDCAは誰もが知るビジネスフレームワークですが、この言葉ほどわかった気になって、それぞれ勝手な解釈で使われる言葉はありません。
PDCAはもともと製造業のTQC活動から始まった、現場の実践的なマネジメント手法です。
ところが最近のビジネス書棚では個人の仕事術、ダンドリ手法のひとつとして取り上げられる例が目立ちます。

本書はPDCAの本来の使い方であり、トヨタなどの優良企業で実践されている、
組織・チームで仕事をするマネジャー層の読者を想定した、マネジメントのためのPDCA入門です。

著者によれば、着実に成長している一部の優良企業を除き、日本企業でPDCAがまともに廻っているところは少ないといいます。とりわけ、日本ではPDCAのPが「計画」と訳されたため、予算数字の達成を無理強いする時に使われるものととらえている人も多いでしょう。

本書では主要業務で着実にPDCAを廻していくために、「業務の定義」「現状把握」「意味合いの抽出」「帳票の設計」「会議の運営」「指導と躾」「立ち上げ方」まで落とし込んで、具体的な方法を紹介していきます。

目次

  1. 第1章 PDCAとは何か? 何のために使われるのか?

    第2章 PDCAの基本作法

    第3章 P:取り組むべき課題の定義と施策の決定

    第4章 D:確実な実施のために行うべきこと

    第5章 C:結果から「意味合い」を読み取り、次の打ち手につなげる

    第6章 A:カイゼン PDCAの精度向上とバリュー・チェーンの進化

著者・監修者プロフィール

稲田 将人(いなだ まさと)

株式会社RE‐Engineering Partners代表、経営コンサルタント。
早稲田大学大学院理工学研究科修了。豊田自動織機製作所よりの企業派遣で米国コロンビア大学大学院コンピューターサイエンス科で修士号を取得後、マッキンゼーアンドカンパニー入社。大手電気、大手建設業、大手流通などの戦略策定や経営改革などに携わる。その後、大手企業の社長、役員、事業・営業責任者として売上V字回復、収益性強化などの企業改革を行う。08年、(株)RE‐Engineering Partnersを設立。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading