知識の創造・共有システムを確立するには? 経営組織の硬直化をどう打破するのか? ミドル・アップダウン型組織とはなにか? 知識論に基づく新しい経営理論と企業変革の方法を示す。

知識創造の経営
日本企業のエピステモロジー

定価:本体2,524円+税
発売日:1990年12月13日
ISBN:978-4-532-07514-9
上製/A5判/286ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

知識の創造・共有システムを確立するには? 経営組織の硬直化をどう打破するのか? ミドル・アップダウン型組織とはなにか? 知識論に基づく新しい経営理論と企業変革の方法を示す。

目次

  1. 第1章 経営理論における知識と情報
     第1節 バーナード理論と知識
     第2節 サイモン理論と情報・知識
     第3節 マクロ情報処理パラダイム一コンティンジェンシー理論
     第4節 経験的知識と共有された知識体系
     第5節 組織における曖昧さと決定一組織の非合理性理論
     第6節 新しい組識理論の探索

    第2章 組織的知識創造理論
     第1節 知識と情報
     第2節 組織的知識創造モデル

    第3章 組織的知識創造のマネジメント
     第1節 企業組織と知識創造
     第2節 ミドル・アップダウン・マネジメントの提言

    第4章 企業における知識創造一事例研究
     第1節 トップダウン・マネジメントとボトムアップ・マネジメント
     第2節 花王の製品開発のマネジメント
     第3節 日産自動車の企業変革のマネジメント
     第4節 組織的知識創造のマネジメントの普遍性

    第5章 組織的知識創造の課題と超克
     第1節 日本的知識創造経営の特質
     第2節 日本的「知」の方法論の文脈
     第3節 日本的「知」のシステムの逆機能
     第4節 日本的「知」の方法論とシステムの再構築に向けて

    <参考文献>

著者・監修者プロフィール

野中 郁次郎(のなか いくじろう)

一橋大学名誉教授
1935年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、富士電機製造勤務を経て、カリフォルニア大学経営大学院(バークレー校)にてPh.D取得。著書に『失敗の本質』『戦略の本質』(各共著)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading