正誤表

『うかる! 宅建士 速攻テキスト 2020年度版』 において以下のような訂正がありました。
ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

商品名
正誤表更新日
41510
うかる! 宅建士 速攻テキスト 2020年度版
2020/08/19
刷数 連番/ページ数/行数 内容 反映状況
51ページ 問6の解答

判例は、心裡留保の場合~対抗できないとしています。

心裡留保による意思表示について相手方が悪意または善意有過失の場合には、その意思表示は無効となりますが、その無効を善意の第三者に対抗することはできません。

備考
56ページ ここがポイント

・代理人が詐欺にあった、脅迫された→本人が取り消せる
・代理人が虚偽表示、代理人に錯誤があった→本人が無効を主張できる

・代理人が錯誤におちいった、詐欺にあった、強迫された→本人が取り消せる
・代理人が虚偽表示をした→本人が無効を主張できる

備考
1 90ページ 下から8行目

(削除)

BとCは、金銭の支払いを請求することができるだけです。
 この、BやCが、Jに対して侵害された遺留分侵害額に相当する「金銭」の支払いを請求する権利のことを、遺留分侵害額請求権といいます(相続財産が不動産だった場合でも、請求できるのは不動産の返還ではなく、あくまで「金銭」の支払いです)。この権利は意思表示だけすればよく、裁判所に訴え出る必要はありません。
 なお、この権利は各自が単独で行使できます。独立してお金を稼いでるCが「俺はもらわなくていいや」と思っても、Bは「私は年金だけでは心もとないので750万円返して」と遺留分侵害額請求権を行使できます。

備考 下から8行目(BとCは、遺産の一部を~)から下から2行目(~を行使できます)を差し替え
99ページ ③無権利者 4行目

錯誤による契約は無効なので、Cさんにはもともとその土地に対する権利がありません。

A氏がこの意思表示を錯誤を理由に取り消せば、契約ははじめに遡って無効となるため、そもそもCさんには土地に対する権利がありません。

備考
147ページ 3行目

また、契約が錯誤で無効だった場合など、

また、契約が錯誤等によって取り消された結果、はじめから契約が無効となる場合のように、

備考
172ページ 8行目

債権者は損害の有無にかかわらず年5%の損害賠償を請求できるので、

債権者は損害の有無にかかわらず法定利率によって計算された損害賠償を請求できるので、

備考
191ページ 問3

ABCがXに対して連帯債務を負っているとき、Aの債務が錯誤により無効である場合、BとCも無効を主張できる。

ABCがXに対して連帯債務を負っているとき、Aの債務が錯誤によるものである場合、BもCも取消しを主張することができる。

備考
191ページ 問6

債権の消滅時効は中断する

債権の消滅時効は完成が猶予・更新される

備考
191ページ 問10

主債務の時効が中断する

主債務の時効の完成が猶予・更新される

備考
192ページ 解答3

× ゴロを思い出してみましょう~承認と期限の猶予です。

× 原則通り相対効となります。B・Cは取り消すことができません。

備考
192ページ 問10の解説

主債務の時効の中断は連帯保証債務も中断します。

主債務の時効が完成猶予・更新された場合には連帯保証債務の時効も完成猶予・更新されます。

備考
197ページ 基本を理解2つ目

代金減額請求は、買主に対して

代金減額請求は、売主に対して

備考
201ページ 問5

買主に対して

売主に対して

備考
201ページ 問5の解説

買主に対して

売主に対して

備考
201ページ 問6

×

備考
207ページ 本文1行目~3行目

(1行目)以上のことは~(3行目)損害賠償請求をすることもできます。

(削除)

備考 こちらは、本来、手付の部分にあるべき記載です。手付解除が債務不履行とは無関係に解除をすることができ、
損害賠償も不要であることとの対比としての記載です。
229ページ ここがポイント 存続期間の制限

20年以下

50年以下

備考
251ページ ①請求 10行目

時効の完成が猶予されることに

時効の完成が更新されることに

備考
270ページ まとめボード

契約成立後、履行(引き渡し)の前に、

契約成立の前後を問わず、

備考
271ページ 2~4行目

仮に、倒壊したのが~また、契約成立後であっても、

まず、契約締結前に建物が倒壊した場合であっても、売買契約は成立します。  したがって、契約の前後を問わず、

備考
316ページ 見出し

宅建業に不向きな人はダメ(成年被後見人等)

宅建業に不向きな人はダメ

備考
316ページ 「まとめボード」を差替え

成年被後見人、被保佐人、破産者で復権を得ない者

心身の故障により宅建業を適正に営むことができない者、破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者

備考
316ページ 基本を理解

成年被後見人や被保佐人は~28ページ参照)。

心身の故障により宅建業を適正に営むことができない者とは、精神の機能の障害により宅建業を適正に営むに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない人をいいます。

備考
316ページ ここがポイント ゴロで必勝13

[ここがポイント]全て

削除

備考
316ページ 見出しと本文

成年被後見人と被保佐人以外の制限行為能力者は、免許を受けることができるの? ⇒制限行為能力者には~また、未成年者は、免許を受けることは可能ですが、詳細は後述します(322ページ参照)。

未成年者は、免許を受けることができるの? ⇒未成年者は、免許を受けることは可能ですが、詳細は後述します(322ページ参照)。

備考
335ページ 届出その他による登録の消除の表

③後見開始の審判を受けた 成年後見人 ④保佐開始の審判を受けた 保佐人

③心身の故障により宅建士の事務を適正に営むことができない者 本人・法定代理人・同居の親族(誰でも可)

備考
348ページ 業者免許と共通の基準

①成年被後見人、被保佐人、破産者で復権を得ない者⇒×

①心身の故障により業務・事務を適正に営むことができない者、破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者⇒×

備考
476ページ~479ページ 特殊建築物の延べ面積

100㎡を超える

200㎡を超える

備考
1 523ページ

さらに農地の賃貸借の期間について、存続期間の上限が民法では20年ですが、農地法により50年に引き上げられています。

(削除)

備考 下2行を削除
刷数 連番/ページ数/行数
51ページ 問6の解答
内容

判例は、心裡留保の場合~対抗できないとしています。

心裡留保による意思表示について相手方が悪意または善意有過失の場合には、その意思表示は無効となりますが、その無効を善意の第三者に対抗することはできません。

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
56ページ ここがポイント
内容

・代理人が詐欺にあった、脅迫された→本人が取り消せる
・代理人が虚偽表示、代理人に錯誤があった→本人が無効を主張できる

・代理人が錯誤におちいった、詐欺にあった、強迫された→本人が取り消せる
・代理人が虚偽表示をした→本人が無効を主張できる

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
1 90ページ 下から8行目
内容

(削除)

BとCは、金銭の支払いを請求することができるだけです。
 この、BやCが、Jに対して侵害された遺留分侵害額に相当する「金銭」の支払いを請求する権利のことを、遺留分侵害額請求権といいます(相続財産が不動産だった場合でも、請求できるのは不動産の返還ではなく、あくまで「金銭」の支払いです)。この権利は意思表示だけすればよく、裁判所に訴え出る必要はありません。
 なお、この権利は各自が単独で行使できます。独立してお金を稼いでるCが「俺はもらわなくていいや」と思っても、Bは「私は年金だけでは心もとないので750万円返して」と遺留分侵害額請求権を行使できます。

備考 下から8行目(BとCは、遺産の一部を~)から下から2行目(~を行使できます)を差し替え
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
99ページ ③無権利者 4行目
内容

錯誤による契約は無効なので、Cさんにはもともとその土地に対する権利がありません。

A氏がこの意思表示を錯誤を理由に取り消せば、契約ははじめに遡って無効となるため、そもそもCさんには土地に対する権利がありません。

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
147ページ 3行目
内容

また、契約が錯誤で無効だった場合など、

また、契約が錯誤等によって取り消された結果、はじめから契約が無効となる場合のように、

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
172ページ 8行目
内容

債権者は損害の有無にかかわらず年5%の損害賠償を請求できるので、

債権者は損害の有無にかかわらず法定利率によって計算された損害賠償を請求できるので、

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
191ページ 問3
内容

ABCがXに対して連帯債務を負っているとき、Aの債務が錯誤により無効である場合、BとCも無効を主張できる。

ABCがXに対して連帯債務を負っているとき、Aの債務が錯誤によるものである場合、BもCも取消しを主張することができる。

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
191ページ 問6
内容

債権の消滅時効は中断する

債権の消滅時効は完成が猶予・更新される

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
191ページ 問10
内容

主債務の時効が中断する

主債務の時効の完成が猶予・更新される

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
192ページ 解答3
内容

× ゴロを思い出してみましょう~承認と期限の猶予です。

× 原則通り相対効となります。B・Cは取り消すことができません。

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
192ページ 問10の解説
内容

主債務の時効の中断は連帯保証債務も中断します。

主債務の時効が完成猶予・更新された場合には連帯保証債務の時効も完成猶予・更新されます。

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
197ページ 基本を理解2つ目
内容

代金減額請求は、買主に対して

代金減額請求は、売主に対して

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
201ページ 問5
内容

買主に対して

売主に対して

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
201ページ 問5の解説
内容

買主に対して

売主に対して

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
201ページ 問6
内容

×

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
207ページ 本文1行目~3行目
内容

(1行目)以上のことは~(3行目)損害賠償請求をすることもできます。

(削除)

備考 こちらは、本来、手付の部分にあるべき記載です。手付解除が債務不履行とは無関係に解除をすることができ、
損害賠償も不要であることとの対比としての記載です。
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
229ページ ここがポイント 存続期間の制限
内容

20年以下

50年以下

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
251ページ ①請求 10行目
内容

時効の完成が猶予されることに

時効の完成が更新されることに

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
270ページ まとめボード
内容

契約成立後、履行(引き渡し)の前に、

契約成立の前後を問わず、

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
271ページ 2~4行目
内容

仮に、倒壊したのが~また、契約成立後であっても、

まず、契約締結前に建物が倒壊した場合であっても、売買契約は成立します。  したがって、契約の前後を問わず、

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
316ページ 見出し
内容

宅建業に不向きな人はダメ(成年被後見人等)

宅建業に不向きな人はダメ

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
316ページ 「まとめボード」を差替え
内容

成年被後見人、被保佐人、破産者で復権を得ない者

心身の故障により宅建業を適正に営むことができない者、破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
316ページ 基本を理解
内容

成年被後見人や被保佐人は~28ページ参照)。

心身の故障により宅建業を適正に営むことができない者とは、精神の機能の障害により宅建業を適正に営むに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない人をいいます。

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
316ページ ここがポイント ゴロで必勝13
内容

[ここがポイント]全て

削除

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
316ページ 見出しと本文
内容

成年被後見人と被保佐人以外の制限行為能力者は、免許を受けることができるの? ⇒制限行為能力者には~また、未成年者は、免許を受けることは可能ですが、詳細は後述します(322ページ参照)。

未成年者は、免許を受けることができるの? ⇒未成年者は、免許を受けることは可能ですが、詳細は後述します(322ページ参照)。

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
335ページ 届出その他による登録の消除の表
内容

③後見開始の審判を受けた 成年後見人 ④保佐開始の審判を受けた 保佐人

③心身の故障により宅建士の事務を適正に営むことができない者 本人・法定代理人・同居の親族(誰でも可)

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
348ページ 業者免許と共通の基準
内容

①成年被後見人、被保佐人、破産者で復権を得ない者⇒×

①心身の故障により業務・事務を適正に営むことができない者、破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者⇒×

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
476ページ~479ページ 特殊建築物の延べ面積
内容

100㎡を超える

200㎡を超える

備考
反映状況
刷数 連番/ページ数/行数
1 523ページ
内容

さらに農地の賃貸借の期間について、存続期間の上限が民法では20年ですが、農地法により50年に引き上げられています。

(削除)

備考 下2行を削除
反映状況