田中 健彦(たなか たけひこ)

著作家・翻訳家
1968年、慶応大学工学部卒業。同年、富士通入社、小型コンピュータ開発に従事。1992年、米国富士通パーソナルシステムズ勤務。1996年、フィンランド富士通コンピューターズ・ヨーロッパ副社長。1999年、ドイツ富士通シーメンス・コンピューターズ副社長。2002年、富士通パソコンシステムズ社長。2005年、退社後、著作家・翻訳家。著作『フィンランド流 社長も社員も6時に帰る仕事術』(青春出版社)『どんな時代も乗り越える「失敗力」の生かし方』(青春出版社)訳書:ウィーフリング『土壇場プロジェクト』ボーモル他『良い資本主義悪い資本主義』ボヤツィス他『実践EQ』など

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。