山手 剛人(やまて たけと)

フロンティア・マネジメント産業調査部シニア・アナリスト
1999年東京大学経済学部を卒業後、ウォーバーグ・ディロン・リード証券(現UBS証券)に入社。2003年同社最年少でシニア・アナリストに就任し、小売セクターの調査を担当。50社以上の消費関連企業の格付けを行い、国内外のアナリストランキングで上位評価を受ける。2010年クレディ・スイス証券に移籍。2017年より現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。