高野 登(たかの のぼる)

シニアコンサルタント。人とホスピタリティ研究所代表。1953年、長野県生まれ。ザ・リッツカールトン・ホテル・カンパニー前日本支社長。日本ホテルスクール卒業後、渡米。NYプラザホテルなどの名門ホテルでマネジメントを経験、1994年リッツ・カールトン日本支社長に就任。2009年退社、10年「人とホスピタリティ研究所」設立。人財、組織、地域づくりのサポートを行なう。著書に『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』(かんき出版)、『一流の想像力』(PHP研究所)、『おもてなし日和』(文屋)ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。