三枝 匡(さえぐさ ただし)

株式会社ミスミグループ本社 シニアチェアマン・第2期創業者
1967年一橋大学経済学部卒業。三井石油化学を経て、20代でボストン・コンサルティング・グループの国内採用第1号コンサルタントとして、東京、ボストンで勤務。スタンフォード大学でMBAを取得後、プロ経営者になることを志し、30代で赤字会社2社の再生とベンチャーキャピタル会社の経営を各社代表取締役として経験。41歳の時に株式会社三枝匡事務所を開設。不振企業に役員として参画するターンアラウンド・スペシャリスト(事業再生専門家)として16年間活動。2002年ミスミグループ本社の社長CEOに就任。同社を社員340人の商社からグローバル1万人の国際企業に変身させた。取締役会議長を経て2018年4月から現職。経営者活動の傍ら一橋大学ビジネススクール客員教授など教壇にも立つ。著書に『戦略プロフェッショナル』『経営パワーの危機』『V字回復の経営』『ザ・会社改造』があり、米国、中国、台湾、韓国で現地版も出ている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連商品

もっと見る

now loading