佐伯 一麦(さえき かずみ)

1959年仙台生まれ。仙台一高卒。
84年「木を接ぐ」で海燕新人文学賞を受賞。90年『ショート・サーキット』で野間文芸新人賞、
91年『ア・ルース・ボーイ』で三島由起夫賞、97年『遠き山に日は落ちて』で木山捷平文学賞、
2004年『鉄塔家族』で大悌次郎賞、07年『ノルゲ Norge』で野間文芸賞、
14年『還れぬ家』で毎日芸術賞、同年『渡良瀬』で伊藤整文学賞を受賞。
作品は『日和山 佐伯ー麦自選短篇集』『光の闇』『誰かがそれを』など多数。
小説のほかに『言葉の兆し』(古井由吉氏との往復書簡)『石の肺』『芥川賞を取らなかった名作たち』
『からっぽを充たす』『散歩歳時記』など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。