阪田 哲男(さかた てつお)

1949年8月17日大阪市生まれ。14歳でゴルフを始め、名古屋商科大学3年時の70年には初出場の日本アマで3位に入り、世界アマの日本代表となる。世界アマには選手として11回出場、監督を3回務めた。84年、香港で開催された世界アマでは、個人トップの成績を収め日本チームを団体優勝に導いた。シニア入り後も活躍し、2004年には日本シニア、日本シニアオープン・ローアマの2冠達成。主要大会での優勝は100回を数える。JGAナショナルチーム監督を務めるなど後進の指導にも尽力し、地元・千葉でジュニア育成も手がけている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。