真壁 昭夫(まかべ あきお)

1953年神奈川県生まれ。76年一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行 。83年ロンドン大学経営学部大学院(修士)卒業、85年メリル・リンチ社ニューヨーク本社へ出向。
帰国後、98年第一勧銀総合研究所金融市場調査部長、内閣府経済動向分析チームメンバー、第一勧銀総研やみずほ総研の主席研究員を経て、2003年から信州大学大学院イノベーション・マネジメント・センター特任教授に。05年から同大学経済学部教授。
『最強のファイナンス理論』(講談社)、『ファイナンス理論の新展開』(共著、評論社)、『行動ファイナンスの実践』(監訳)、『行働ファイナンス』(監訳)、『行動経済学入門――基礎から応用までまるわかり』(以上、ダイヤモンド社)、『最新 行動経済学入門 『心』で読み説く景気とビジネス』(朝日新聞出版)など著書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。