車 浮代(くるま うきよ)

時代小説家/江戸料理・文化研究家。大阪芸術大学デザイン学科卒業。セイコーエプソン㈱のグラフィックデザイナーを経て、故・新藤兼人監督に師事し、シナリオを学ぶ。現在は江戸文化に関する講演のほか、浮世絵展の監修、TVのレギュラーなども務める。
著書にベストセラーとなった『春画入門』と『蔦重の教え』、江戸料理関連書に『江戸の食卓に学ぶ』『江戸のおかず12ヵ月のレシピ』などがある。近著は小説『超釈 北斎春画かたり』、『えんま寄席 江戸落語外伝』を刊行予定。国際浮世絵学会会員、日本ペンクラブ会員。


※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。