石井 良明(いしい よしあき)

1964年、慶應義塾大学商学部卒、家業の石井食料品店に入社。73年、父の後を継いで社長に就任。76年、社名を「成城石井」に変更し、スーパーマーケットとして営業開始。惣菜事業の創設、深夜営業、ワイン直輸入、デパ地下での展開、駅ナカ店舗など業界の先駆けとなる新ビジネスを次々と打ち出す。2004年、代表取締役を退任。現在は数社の社外取締役を務めるほか、起業家を支援する活動「メンター三国会奨学金」の代表なども務める。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。