髙橋 拓児(たかはし たくじ)

1968年京都生まれ。大学卒業後「東京吉兆」にて5年間の修行を重ねたのち実家に戻り、京都で78年続く料理屋「木乃婦」の三代目若主人となる。シニアソムリエの資格も取得し、ワインに合う料理を提供する「ワイン献立」を用意するなど、新たな調理法や素材に取り組み、京都の料理界に大きな影響を与える存在として注目を集めている。現在、京都大学大学院農学研究科修士課程に在籍し「美味しさ」の研究に取り組む。NHK「きょうの料理」講師。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。