南 俊基(みなみ としき)

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。監査法人トーマツを経て、ソニーグループの経営戦略コンサルティング会社にて事業戦略の立案等に従事する。その後、財務省理財局にて財政投融資監査業務に従事。上場バイオベンチャーのテラ株式会社の役員を経て、現在、南公認会計士事務所代表。メーカー、IT企業、バイオベンチャー企業等に対して、事業戦略、財務戦略、コスト管理に関するコンサルティングを行っている。あわせて企業向けに財務、管理会計の研修を数多くこなす。日経ビジネススクール講師。公認会計士、税理士、日本証券アナリスト協会検定会員。 <主な著書>『6W3Hで読み解く 決算書入門』(日本経済新聞出版社、2012年)がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。