山野目 章夫(やまのめ あきお)

早稲田大学大学院法務研究科教授。1958年、福島県生まれ。81年東北大学法学部卒業後、同学部助手、亜細亜大学法学部助教授を経て、96年中央大学法学部教授、2000年早稲田大学法学部教授。2004年より現職。
<主な著書>
『初歩からはじめる物権法』(第5版、日本評論社)、『民法<総則・物権>』(第5版、有斐閣)、『ひとりで学ぶ民法』(第2版、共著、有斐閣)、『民法総則』(共著、弘文堂)、『物権法』(第5版、日本評論社)、『要件事実論30講』(第3版、共著、弘文堂)、『不動産登記法』(商事法務)、『不動産登記法概論/登記先例のプロムナード』(有斐閣)など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。