佐藤 玖美(さとう くみ)

コスモ・ピーアール代表取締役社長。1959年東京都生まれ。米国マサチューセッツ州ウェルズレイ大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ニューヨーク支社に入社。その後、米国に進出する日本企業のコンサルティングを行うコスモ・インターナショナルを設立。1986年コスモ・ピーアールに入社し、翌年、代表取締役に就任。1996年より在日米国商工会議所(ACCJ)理事を務め、2011年より会長を務める。1999年には世界経済フォーラム(スイス・ダボス会議)でGlobal Leaders for Tomorrowに、ビジネスウィーク誌(アジア版2000年7月3日号)でThe Stars of Asiaに選出されるほか、2010年にはCampaign Asia Pacific PR Awardsで最も優れた経営者に贈られるAgency Head of the Yearを、2012年にはハーバード・ビジネス・スクール・クラブ・オブ・ジャパンのBusiness Stateswoman of the Yearを受賞。 <主な著書>『Love Me Company! 「愛される会社」の条件』(ダイヤモンド社、2007年)など。CSRや危機管理、海外広報、女性の地位向上、日本の成長戦略などについて、国内外のメディアおよび講演活動を通じて数多くの提言を発信している。家族は夫と3人の子供。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。