高橋 俊介(たかはし しゅんすけ)

1954年東京都生まれ。1978年東京大学工学部航空学科を卒業し、日本国有鉄道(現JR)に入社。1984年プリンストン大学工学部修士課程を修了後、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ワトソンワイアット(1993年同社代表取締役社長に就任)を経て、1997年ピープル・ファクター・コンサルティングを設立。コンサルティング活動や講演活動をおこなう。2000年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授に就任。2011年同特任教授。「個人主導のキャリア開発」についての研究にも従事している。 <主な著書>『キャリアショック』(ソフトバンククリエイティブ)、『自分らしいキャリアのつくり方』(PHP研究所)、『21世紀のキャリア論』(東京経済新報社)など著書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。