松下 幸之助(まつした こうのすけ)

1894年和歌山県生まれ。小学校を4年で中退、火鉢店、自転車店などに奉公した後、大阪電灯の工事担当者となる。22歳で独立、松下電器製作所を開設。アタッチメントプラグ、自転車ランプなどの製造で成功し、アイロン、ラジオなど次々に業務を拡大する。35年、松下電器産業株式会社に改組、社長となる。87年、勲一等旭日桐花大綬章受章。89年逝去。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。