若木 信吾(わかぎ しんご)

1971年静岡県浜松市生まれ。ニューヨーク州ロチェスター工科大学写真学科卒業後、雑誌・広告・音楽媒体など、幅広い分野で活躍中。また2004年に雑誌『Youngtree Press』の編集・発行を自ら手がけるほか、2007年に第一回監督映画『星影のワルツ』が、2009年に第二回監督映画『トーテム Song for home』が公開され、映画監督としても国内外から高い評価を得る。2010年4月に故郷の浜松市に小さな書店「BOOKS AND PRINTS」をオープンする。『Takuji』『Free for All』『A DAY IN THE LIFE』『Time & Portraits』『葬送』など写真集多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。