マイケル・A・クスマノ(まいける・A・くすまの)

マサチューセッツ工科大学(MIT) スローン経営大学院教授(スローン・マネジメント・レビュー特別栄誉教授)兼MITエンジニアリング・システム学科教授。ソフトウェア企業、自動車企業、コンシューマー・エレクトロニクス企業の戦略と製品開発に関する研究で知られる。主にハイテク業界で世界の主要企業のコンサルタントや取締役なども務め、これまでに90社以上のコンサルティングを行った。 <主な著書>『ソフトウエア企業の競争戦略』、『マイクロソフトシークレット』(リチャード・W・セルビーとの共著)、『食うか食われるか ネットスケープvs.マイクロソフト』(デイビッド・ヨッフィーとの共著)、『プラットフォーム・リーダーシップ』(アナベル・ガワーとの共著)、「Thinking beyond Lean」(延岡健太郎との共著)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。