マーティン・ゲルハルト・ギーゼブレヒト(まーてぃん・げるはると・ぎーぜぶれひと)

ノーザン・ケンタッキー大学経済学部名誉教授。スタンフォード大学、シカゴ大学、ハーバード大学、インディアナ大学、台湾国立政治大学、ラトガー大学、ウィルミントン・カレッジなどの各大学において研究と教職に従事。フルブライト留学生としてドイツのミュンヘン大学にて博士号取得。ギーゼブレヒト博士は一貫して、経済学を取り組みやすく、また知的好奇心を刺激し、楽しめるものとすることに努めてきた。その一環としてこれまでに、本書を含めて12冊の書籍を出してきたほか、エッセイを多数執筆し、ドイツ語や中国語に翻訳もされている。また、同様の主旨でシンシナティのFMラジオ局やノーザン・ケンタッキー大学の構内ラジオ局で毎週コメントを述べている。ギーゼブレヒト博士は文章でも講演でも、誰もがわかるように表現することを大切にしている。そして、その功績は各方面で認められ、ジャーナリスト協会の1993年「エクセレンス」大賞を受賞したほか、独米商工会議所、NASA、全米エンジニアリング教育協会、全米科学財団、ゼネラル。エレクトリック財団、フォード財団、米国中小企業局、全米人文科学基金からも表彰されている。ギーゼブレヒト博士は、学内の社交クラブ「未来のビジネスリーダー」会によって、ノーザン・ケンタッキー大学でナンバーワンの人気教授に選出されたことがあり、それを大変誇りに思っている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。