一色 正彦(いっしき まさひこ)

大阪外国語大学(現大阪大学)卒業後、パナソニック(株)入社。東京大学先端科学技術研究センター先端知財人材次世代指導者育成プログラム修了。ネットワーク事業(主任)、デバイス・生産システム事業(法務課長)、教育研究(総括参事)、教育サービス事業(GM)を経て、独立。経験した国内・海外の交渉事例を、東京大学・慶應義塾大学と協力して教材化と日本人向けの教育プログラムを共同開発。大学にて、研究(専門分野:交渉学、経営法学、リスクマネジメント論、知財戦略論)と教育(担当科目:交渉学、経営法学、企業価値と知的財産、航空技術・政策・産業特論)を行うとともに、企業の交渉戦略・人材育成へのアドバイスとベンチャー企業の育成支援を行っている。金沢工業大学大学院客員教授(大学院工学研究科 知的創造システム専攻)、東京大学大学院非常勤講師(工学系研究科)、慶應義塾大学大学院非常勤講師(経営管理研究科 ビジネススクール)・客員研究員(グローバルセキュリティー研究所)、日本知財学会正会員(知財学会誌企画・編集委員)、日本説得交渉学会正会員、パナソニック電工(株)知的財産部アドバイザー、(株)ライトワークス アドバイザー、パナソニックラーニングシステムズ(株)顧問、(株)グリア顧問、(株)ミディー顧問、合同会社IT教育研究所 役員。 <主な著書>『ビジュアル解説 交渉学入門』(共著、日本経済新聞出版社、2010年)、『新・特許戦略ハンドブック』(共著、商事法務、2006年)、『日経文庫 知財マネジメント入門』(共著、日本経済新聞出版社、2004年)他。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。