山本 績(やまもと いさお)

1966年東京工業大学大学院(経営工学)修了後、三菱レイヨン入社。経営企画スタッフとして新規事業の企画、リストラ計画の推進等に従事した後(1977年MITで経営学修士取得)、1979年より企業財務責任者を、1987年より経営企画の部長職として経営トップ2代の補佐を務め、経営の仕組み改革と経営人材の育成に注力する。2000年より上級役員として社長補佐および管理部門経営に従事。2004年代表取締役専務を退任し、2006年6月まで同社顧問を、2009年より1年間ブーズ・アンド・カンパニー顧問を務める。 <主な著書>『経営者への道を拓くロジカル・マネジメント』、『企業価値を高める資本コスト経営』(いずれも中央経済社)がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。