ミルトン・フリードマン(みるとん・ふりーどまん)

1912年ニューヨークに生まれる。1932年ラトガース大学卒業後、シカゴ大学でM.A.,、コロンビア大学でPh.D.取得。シカゴ大学やコロンビア大学などで教える。1976年ノーベル経済学賞受賞。2006年逝去。 <主な著書>『インフレーションとドル危機』(新開陽一訳、日本経済新聞社、1970年)、『実証的経済学の方法と展開』(佐藤・長谷川訳、富士書房、1977年)、『資本主義と自由』(村井章子訳、日経BP社、2008年)ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。