三國 清三(みくに きよみ)

洋食料理家。1954年北海道・増毛町生まれ。中学卒業後、札幌グランドホテルや帝国ホテルで修業した後、駐スイス日本大使館の料理長。大使館に勤務しながら、フレディ・ジラルデ氏に料理を学ぶ。トロワグロ、アラン・シャペルといったミシュランの3ツ星レストランなどで修業の後、帰国し1985年、東京・四ツ谷に「オテル・ドゥ・ミクニ」をオープン。2000年には九州・沖縄サミット蔵相会合の総料理長を務める。現在は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会やラグビーワールドカップ2019組織委員会の顧問も。子どもへの食育活動や江戸東京野菜の普及などにも取り組む。2015年、仏レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。