山下 達朗(やました たつろう)

野村総合研究所 副主任コンサルタント。2006年に株式会社野村総合研究所入社。入社後は、BOPビジネスに加え、放送・メディア業界を専門としてコンサルティング業務、講演、寄稿に取り組んでいる。BOPに関する調査では、インド、インドネシア、ウガンダ、ケニアにおける現地調査を実施。現地調査を通じ、BOP層に対する自らを含めた日本人の誤解を感じる。同時に、欧米企業がBOP層の生活に入り込んでいることを実感し、日本企業のBOPビジネス支援をライフワークとすることを決意。主な共著書に、『これから情報・通信市場で何が起こるのか』(東洋経済新報社)、『知的資産創造』(野村総合研究所)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。