松本 猛(まつもと たけし)

1951年生まれ。絵本・美術評論家、作家、絵本学会会長、ちひろ美術館常任顧問。母・いわさきちひろの没後、1977年に世界初の絵本美術館「ちひろ美術館・東京」、1997年に「安曇野ちひろ美術館」を設立。同館館長、長野県信濃美術館・東山魁夷館前館長を歴任。 <主な著書>『安曇野ちひろ美術館をつくったわけ』、『「戦火のなかの子どもたち」物語』、絵本『ふくしまからきた子』(共著)、絵本『白い馬』(絵・東山魁夷)、『母ちひろのぬくもり』、小説『失われた弥勒の手』(共著)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。