野口 健(のぐち けん)

アルピニスト、了徳寺大学客員教授。アメリカ・ボストン生まれ。植村直己の著書に感銘を受け、登山を始める。16歳にしてモンブランへ登頂を果たす、99年にエベレスト(ネパール側)の登頂に成功し、「7大陸最高峰世界最年少登頂記録」を25歳で樹立した。2000年亜細亜大学卒。以来、エベレストや富士山に散乱するゴミ問題に着目して清掃登山を開始。07年エベレストを中国側から登頂に成功。清掃活動に加え、地球温暖化による氷河の融解防止に向けた対策、日本兵の遺骨調査活動に力を入れている。著書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。