佐和 隆光(さわ たかみつ)

立命館大学政策科学研究科教授・京都大学経済研究所特任教授。1965年東京大学経済学部卒業後、京都大学経済研究所助教授、スタンフォード大学研究員、イリノイ大学客員教授などを経て、80年京都大学経済研究所教授。90~94年、95~99年、2001~06年京都大学経済研究所所長。1970年、27歳のときに『計量経済学の基礎』(東洋経済新報社)で日経・経済図書文化賞を受賞。『経済学とは何だろうか』(岩波新書)、『経済学の名言100』(ダイヤモンド社)、『地球温暖化を防ぐ』(岩波新書)など著書多数。現在は、経済思想、科学史、日本経済論、エネルギー・環境問題などに関心領域を広げ、数多くの提言を行っている。また「子どもの経済教育研究室」顧問を務めるなど、若年層への経済学の普及にも力を入れている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連商品

もっと見る

now loading