野村資本市場研究所(のむらしほんしじょうけんきゅうじょ)

2004年4月に、金融・資本市場および金融機関の制度・構造・動向などを専門的に研究する研究所として、野村グループ内に設立された。野村総合研究所の旧資本市場研究部を前身とする。中立性・専門性・実践性を基本方針として、欧米および中国など新興国の金融・資本市場を主な研究対象としながら、わが国の資本市場の今後の発展に資する考察および政策提言を行うことをその使命とする。東京、ニューヨーク、ロンドン、北京に拠点をもつ。研究成果は、季刊誌『資本市場クォータリー』、『Nomura Capital Market Review(Capital Research Journal)』および『季刊中国資本市場研究』(財団法人東京国際研究クラブ)などを通じて公表している。ホームページアドレス:http://www.nicmr.com/nicmr/index.html

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。