新堀 聰(にいぼり さとし)

1934年生まれ。1958年東京大学法学部卒、三井物産入社。サンフランシスコ支店長、調査部長、三井物産貿易経済研究所社長などを経て1993年日本大学部商学部教授。日本大学商学部教授。商学博士(貿易論)。 <主な著書>『ビジネスゼミナール貿易取引入門』(日本経済新聞社、1992年)、『アメリカ商取引法』(同文舘、1963年)、『貿易取引の理論と実践』(三嶺書房、1993年)、『貿易政策と国際売買』(同文舘、1996年)、『ウルグアイ・ラウンド後の世界の貿易体制と貿易政策』(三嶺書房、1994年)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。