残間 里江子(ざんま りえこ)

1950年仙台市に生まれる。アナウンサー、雑誌記者などを経て、1980年キャンディッド・コミュニケーションズ設立。女性誌『Free』の創刊(編集長)等、出版・イベントの企画からコミュニケーション戦略まで幅広い分野でプロデュースを手掛ける。2001年各界著名人119人を集めトークフォーラム「大人から幸せになろう」を自主企画事業として実施、多くの反響を得る。2005年シニアに向けた新しいライフスタイルを提案するクリエイティブ・シニアを設立。財務省「団塊の世代を考える懇話会」、東京都港区「団塊の世代等支援計画検討委員会」等、行政機関の委員も兼務する。「2007年ユニバーサル技能五輪国際大会」の総合プロデューサー。 <主な著書>『それでいいのか蕎麦打ち男』(新潮社)がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。