山内 直人(やまうち なおと)

1955年、愛媛県松山市生まれ。1978年、大阪大学経済学部卒、英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス大学院経済学研究科修了(M.Sc.)。博士(大阪大学)。経済企画庁エコノミストとして経済白書の執筆など日本経済の実証分析に従事した後、1992年に大阪大学へ。経済学部助教授、米イェール大学客員フェローなどを経て、現在、大阪大学大学院国際公共政策研究科教授。 <主な著書>『ノンプロフィット・エコノミー』(日本評論社、1997)、『NPO最前線』(訳、岩波書店、1999)、『NPOデータブック』(編、有斐閣、1999)、『NPOの時代』(大阪大学出版会、2002)、『The Economics of the Japanese Nonprofit Sector』(Shokadoh,2003)、『コミュニティビジネスの時代』(共著、岩波書店、2003)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。