西條 辰義(さいじょう たつよし)

1952年生まれ。ミネソタ大学Ph.D.オハイオ州立大学、カルフォニア大学、筑波大学を経て、大阪大学教授。専門分野は制度設計工学。IPCCリード・オーサー、市場構造研究所リサーチ・ディレクター、学術雑誌 Sustanability Science の編集委員。排出権取引に関する論文として、“Choosing a Model out of Many Possible Alternatives: Emissions Trading as an Example,” Experimental Business Research, 2005
“Emissions Trading Experiments: Investment Uncertainty and Liability,” Rizzoli and Jakeman (eds.), Integrated Assessment and Decision Support: Proceedings of the First Biennial Meeting of the International Environmental Modelling and Software Society, Vol.2, iEMSs, 2002(草川氏と共著)“Designing GHG Emissions Trading Institutions in the Kyoto Protocol: An Experimental Approach,” Environmental Modelling and Software 16(6), 2001(共著)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。