宮川 公男(みやがわ ただお)

昭和6年埼玉県に生まれる。昭和28年一橋大学経済学部卒業。昭和33年一橋大学大学院博士課程修了。一橋大学商学部教授を経て、現在麗澤大学国際経済学部教授、財団法人統計研究会理事長。 <主な著書>「意思決定の経済学」I、II(丸善、昭和43、44年)、「OR入門」(日本経済新聞社、昭和44年)、「オペレーションズ・リサーチ」(春秋社、昭和45年)、「企業文明の没落」(ハイルブロナー原著、訳、日本経済新聞社、昭和53年)、「新しい企業環境への挑戦」(日本経済新聞社、昭和53年)、「基本統計学」(有斐閣、平成3年)、「経営情報システム」(中央経済社、平成7年)、「政策科学の基礎」(東洋経済新報社、平成7年)ほか

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。