町沢 静夫(まちざわ しずお)

1945年生まれ。東大文学部心理学科卒、同大学院中退、横浜市立大医学部卒。東大付属病院分院神経科、国立精神・神経センター精神保健研究所などを経て、94年町沢メンタル・ヘルス研究所を開設。佐々木病院ほかいくつかの病院でも治療に当たる。1998年から立教大学教授。医学博士。日本におけるボーダーライン研究の先駆者。多重人格症の治療法は精神医学界で注目を浴びる。精神科医・立教大学教授。 <主な著書>『ありのままの自分に「YES」と言おう』(PHP研究所、1994)、『絶望がやがて癒されるまで』(PHP研究所、1994)、『わたしの中にいる他人たち』(創樹社、1999)、『閉じこもるフクロウ』(朝日新聞社、1999)、『居場所を失った子どもたち』(小学館、1998)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。