ダグラス・ファラー(だぐらす・ふぁらー)Douglas Farah

ワシントン・ポスト紙の海外特派員、調査報道記者として活躍した後、2000年3月、西アフリカ支局長に任命され、コートジボアール共和国のアビジャンに赴任。その後、国際テロ組織の資金ルート解明に乗り出したため身辺に危険が迫り、現地を離れなければならなかった。2004年1月からは国家戦略情報センターのシニア・フェローとなり、主に情報活動についての論文を執筆している。ワシントンDC近郊に在住。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。