マイケル・デル(まいける・でる)

デルコンピュータ・コーポレーション会長兼CEO。1984年、テキサス大学の学生だったデルは、カスタムメードのコンピュータを直接ユーザーに販売するビジネス・アイデアを思いつき、わずか1000ドルの資金を元手に創業。ユニークな経営手法により、驚異的急成長を示した同社は、ついに全米第1位のPCメーカーとなった。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。