マーク・スプーン(まーく・すぷーん)

1952年米国生まれ。1977年ロラド大学にて化学修士号取得。1978年同大学にて化学工学修士号取得。宇宙産業とエネルギー産業にて25年以上のビジネス経験がありプロジェクトマネジメントや異文化間マーケティングにも詳しい。東京・シンガポールを拠点に国際石油メジャーのビジネスに従事した後、現在は米国で経営コンサルタントとして活動中。 <主な著書>『プレゼンテーションの英語表現』(共著、日経文庫)、『ミーティングの英語表現』(共著、日経文庫)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。